理想の体を作ろう


理想のボディを求めて入会したスポーツジムですが、なかなか効果に繋がらず飽きてしまったという方も中にはいらっしゃります。しかし、そのトレーニング方法はどうだったのでしょう?

ウォーミングアップ人によっては、ウォーミングアップとして体を十分温めるために有酸素運動を長時間行ってから高強度な筋トレを行う方もいらっしゃいます。それの何がいけないのとお考えになる方は多いでしょう。しかし、よく考えてみてください。もし、10km走った後に縄跳びをしたら、足がもつれて転んでしまうのは当たり前のことです。スポーツジムで行うトレーニングであっても同じことが言え、怪我に繋がることもあるため注意が必要です。

また、成長ホルモンは高強度の筋トレを行った後に分泌が促されるため、高強度な筋トレを行った後に有酸素運動をしっかり行う方が筋トレの効果を見込めるだけでなく、体脂肪の燃焼効果も期待できるため、そのような順番でトレーニングを行っていた方は、順番の組み換えをすることをお勧めします。しかし、有酸素運動は決して悪いことではないため、筋トレを行わない日に長時間取り組むなど、メリハリを持たせることが大切になってきます。

もちろん有酸素運動を、5~10分と短時間体を軽く温める程度に取り組むことは、ウォーミングアップ方法としては悪いことでありません。スポーツジムのマシンを上手に活用し、本格的な筋トレに取り組みましょう。

ジムで出来ること


スポーツジムは、自分だけが利用しているわけではないため今日はこのトレーニングをしようと考えていたのに、他の方が使用していたため待ち時間ができてしまったということもあります。しかし、それはとてももったいないことです。

例えば「今日はチェストプレスをしよう」と考えていたとします。しかし、既に先客がおりそれは使用できないけれどペクトラルフライが空いていたなら、そちらでかわりに大胸筋を鍛えるといった具合に臨機応変に行う事で、時間を有効に活用して筋トレを行えます。しかも、いつもと違う刺激を受けることで筋肉も成長するきっかけともなってくるため一石二鳥であるともいえます。

筋トレまた、同じルーチンでトレーニングを行ってしまいがちですが、せっかくスポーツジムには色々なマシンがあるので活用しない手はありません。「同じことを繰り返した方が筋肉も付きやすいのでは」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。しかし、最初は楽しく行えてもだんだん飽きてしまったということに繋がるのに加え、筋肉も同じことの繰り返しで慣れてしまうとその効果が期待できなくなってしまうのです。それを防ぐために、違うトレーニングを取り入れてみたり、同じマシンを使用するにしてもセット数を変更したりと一部変えるなど、同じことの繰り返しにしない工夫が必要です。

いつも使用しているマシンが埋まっているのは、ある意味筋肉が成長するチャンスと捉え、筋肉に刺激を与えられる筋トレを行う事が大切です。